住宅設計や申請手続きのトータルサポート

トップページ 図面データバンクとは

データバンク

現在、設計図書に関しては15年間の保管が義務付けられており、イエタスでは 作成された設計図書、書類、写真等をお預かりするサービスを『図面データバンク』として行っております。
また、このサービスを利用して個々の住宅の点検、メンテナンスの記録を『住宅履歴情報』として蓄積するサービスもあわせて行っております。

データバンクとは

インターネットを利用して、図面、書類、写真、CADデータ等を整理して保存するシステムです。

預けられた資料は、保存するだけでなく、建築主、設計事務所、工務店、協力業者等で共有でき、情報の取り出し、新たな情報の追加等も可能です。また、過去の設計情報の再利用も考えられます。

私共は、スマイル・コミュニケーションズ株式会社のシステムを利用して、サービスの展開をしております。

サービスの流れ

導入するメリット

現在作成中の設計図書のみならず、過去に作成した設計図面をスキャニング、デジタル化して属性をつけ、サーバーにアップすることで下記のメリットがあります。

  1. 1) 安全・安心な場所での保管
  2. 2) 保管スペースの問題解消
  3. 3) アフターサービス時に、図面の検索、抽出が迅速に出来る。
  4. 4) 図面の受渡しが紙からデータベースに変わり、時間、経費が大幅に削減。
  5. 5) 新築提案、リフォーム提案時に、過去のデータの再利用が図れる。
  6. 6) IDがあれば、いつでもどこでも誰でもデータを取り出し、見る事が出来る。
サービスの流れ

※イエタスで住宅性能評価・長期優良住宅サポートした物件については当方にてスキャニング、デジタル化して属性をつけ、サーバーにアップ致します。

お問い合わせ

データバンクに関するご質問等ございましたら下記までお問い合わせ下さい。

株式会社イエタス 東京事務所
			TEL:03-3230-1215 データバンク担当西山宛
ページの先頭へ