CASBEEウェルネスオフィスに関するサポートはイエタスへ

トップページ 非住宅 CASBEEウェルネスオフィス

CASBEEウェルネスオフィス

建築物利用者の健康性、快適性の維持・増進を支援する建物の仕様、性能、取組を評価するルールです。
建物内で執務するワーカーの健康性、快適性に積極的に影響を与える要素だけではなく、知的生産性の向上に資する要因や、安全・安心に関する性能についても評価します。
CASBEE-建築の要素も半分くらい評価に入りますので、建築物の環境評価とオフィス環境を組み合わせた評価と言えます。

CASBEEウェルネスオフィスの背景

スマート・ウェルネスオフィスが求められるようになった3つの背景

  • ①不動産市場においてESG投資に注目が集まること
    (背景1)不動産市場におけるESG投資の浸透
  • ②働き方改革の流れ
    (背景2)働き方改革の流れ
  • ③日本の労働生産性がOECD諸国の中でも平均より低い水準になること
    (背景3)日本の労働生産性がOECD諸国の中でも平均より低い水準になること

下記図は、オフィスワーカーが健康で元気に幸せに働ける新しいオフィスモデルの概念図です。

CASBEEウエルネスオフィス導入のメリット

  • ① ワーカーの健康性、快適性、利便性、安全性、運営管理の観点から性能を評価できます。
  • ② ①の性能を表示することで不動産価値の基盤情報となります。
  • ③ ESG投資・SDGsの取組にCASBEEウエルネスオフィスは評価されます。
  • ④ コロナ禍におけるオフィスのあり方にも利用できます。BEEウエルネスオフィス導入のメリット

※対コロナウィルス専用の項目はありませんが、什器配置の可変性や換気性能で関連性がございます。

サポートの進め方

  • フェーズ1
    CASBEEウエルネスオフィス認証制度の概要やメリットのご説明
    設計図をもとに一次診断を行い、凡そ、どのランク取得ができるかをご案内
  • フェーズ2
    希望取得ランクに応じた具体的手法のアドバイス
    具体的手法の確定
  • フェーズ3
    CASBEEウエルネスオフィスをIBECへ申請
    IBECとの質疑応答及び協議、認証完了までサポート

CASBEEウエルネスオフィス評価項目例

CASBEEウエルネスオフィス評価項目

  • Qw1 健康性・快適性の為の取組評価
  • Qw2 利便性向上
  • Qw3 安全性確保
  • Qw4 運営管理
  • Qw5 プログラム
  

主な評価項目と作業内容

主な評価項目主な作業内容
空間の自由度可変性対応計画の確認など
設備機器の区画別運用の可変性空調機器可変性対応度、照明・空調ゾーニングなど
知的生産性を高めるワークプレイス コンセプト根拠資料の確認、働き方に即したレイアウトなど
オフィス什器の機能性、選択性ワーカーに即した什器選択、レイアウトチェックなど
外観 CASBEE建築、地域性を考慮した建材採用など
自然光の導入、グレア対策グレア対策根拠資料、CASBEE建築要素など
熱・空気環境空調方式・室温管理体制など
リフレッシュ対策 ワーカーに即したリフレッシュ計画・根拠資料チェックなど
運動促進・支援機能 室内運動啓発・福利厚生での支援体制などの根拠資料
動線における出会いの場の創出 評価の考え方に即した根拠資料の確認など
高度通信インフラ コンセント数などの確認
災害時対策 地震対策、災害対策の取組数の確認、災害時のエネルギー供給体制など

サービスの流れ 

サービスの流れ

お問い合わせ

イエタスでは、CASBEEウェルネスオフィスに関する相談から導入に至るまでのコンサルティング業務、代理申請も行っておりますので、
お気軽にお問合せください。

新型コロナウィルス感染拡大予防のため、電話対応時間を10時より15時までとさせていただいております。上記時間帯以外に電話対応をご希望の場合には、メールにてご連絡先をお送りいただきましたら、担当より折り返しご連絡させていただきます。

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目4番地 セタニビル9階/TEL:03-3230-1215
 株式会社イエタス CASBEE不動産担当宛  info@yetus.co.jp

ページの先頭へ
 

営業担当に
見積相談!!