図面作成・確認申請のお手伝いは
イエタス一級建築士事務所へ

トップページ 住宅設計 省エネ計算

省エネ計算

省エネ計算

外皮計算(UA値・ηA値計算)・一次エネルギー消費量計算・ZEH・モデル建物計算などの計算を行います。現在、住宅業界では長期的に持続可能な建築物の実現に向け、住宅の省エネルギー化を目的としたシステムや促進事業が展開されています。このページでは、「ゼロ・エネルギーハウス支援事業」等の補助金事業の応募には欠かせない省エネ計算のうち、イエタスでお手伝いできるものをご紹介します。

外皮計算

平成25年および28年の省エネ基準に対応した平均熱貫流率(UA値)と平均日射熱取得率(ηA値)を計算致します。申請評価機関・各種行政への交付実績もございますので、長期優良住宅や認定低炭素の申請にもご利用頂けます。 非木造住宅や共同住宅等のご相談も承ります。

一次エネルギー消費量計算

独立行政法人建築研究所のWEBプログラムを用いて一次エネルギー消費量の算定を承ります。
単純な計算依頼はもちろんの事、設備器具についてのアドバイスにも対応致します。お気軽にご相談下さい。

コラム:一次エネルギーとは

トップランナー基準(住宅事業建築主基準)

トップランナー制度とは、住宅の省エネルギー化を促進するために、年間150戸以上の建売戸建住宅を 新築・販売する事業主に対し、基準適合状況を報告させる制度です。
その際の基準を、トップランナー基準(住宅事業主判断基準)といいます。
トップランナー基準は、省エネルギー性能を評価するための断熱性能に加え、設備機器(冷暖房、給湯、換気設備機器)の性能を含めて評価の対象とする基準です。フラット35S等の技術基準を満たす事が出来ます。

モデル建物法計算 NEW

モデル建物法は、非住宅の外皮性能と一次エネルギー消費性能を計算する計算方法の一つです。
標準計算法と呼ばれる、PAL*と一次エネルギー消費量計算より簡易な方法で、計算結果は、PAL*に相当する外皮性能は「BPIm」、一次エネルギー消費量については「BEIm」という値で表示されます。
これは、設計値を基準値で除した値なので、1.0以下であれば、基準適合となります。平成25年省エネ基準では、5000㎡以下の建物のみが対象でしたが、平成28年(建築物省エネ法)基準では上限が撤廃され、更に使いやすくなりました。
省エネルギー措置の届出等には最適な計算方法です。もちろんBELS申請にもご利用頂けます。
共同住宅や複合建築物の共有部等、標準計算法も承りますので、ご安心下さい。

非住宅の省エネ基準と各計算方法の概要はこちら:日本サステナブル建築協会

お問い合わせ

イエタスでは断熱性能の仕様の確認や、設備器具の必要要件を満たす条件など、申請から適合証の交付まで、トータルにサポートいたします。
省エネ施策や、省エネ計算に関するご質問等ございましたら下記までお問い合わせ下さい。

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目4番地 セタニビル9階/TEL:03-3230-1215
 株式会社イエタス 性能担当宛

ページの先頭へ

関連キーワード

関連キーワード

改正省エネ基準 / H25省エネ基準 / 外皮計算 / U値計算 /η値計算 /一次エネルギー消費量 / 平均熱貫流率 / 冷房期平均日射熱取得量 / 低炭素住宅 / 環境省告示第119号 / 床暖房 / 上面放熱率 / 敷設率 / コジェネ / エコキュート / LED照明 / 太陽光発電 / 手元止水 / 水優先吐水 / 主たる居室 / GJ/年 / 年間熱負荷係数 / UA / ηAH / ηAC / LED / BPIm / BEIm / 共有部 / 住宅 / 非住宅 / 共同住宅 / 併用住宅 / PAL* / 標準入力法 / 主要室入力法 /  ZEH / ZEB / NealyZEH / 二アリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス / 省エネラベル / BELS / 建築物省エネ法 / 温熱計算 / Q値μ値計算 / H28年基準 / 誘導基準 / 住宅事業主判断基準 / 省エネポイント / 削減率 / サスティナブル建築物等先導事業 / スマートウェルネス住宅推進事業

  • 非住宅申請
  • Staff blog イエタススタッフがご紹介するオススメ情報
  • よくある質問
  • プラン実例集
  • 協力事務所募集