性能評価・長期優良・改正省エネ法の
お手伝いはイエタスへ

トップページ 申請サポート 低炭素建物認定

低炭素建物認定

低炭素建物認定

申請図書の作成、性能評価機関との質疑応答含め、適合証交付までのサポートを致します。煩わしい申請作業、評価機関との質疑対応等アウトソーシングして頂く事により時間を有効に使っていただけます。
評価方法基準に基づいた性能評価・長期優良住宅申請サポート実績No.1の技術力で皆様の家づくりを応援いたします。

低炭素建物認定とは

平成24年9月に都市低炭素化促進法(都市の低炭素化の促進に関する法律)が交付され、平成24年12月4日からの施行が決定しました。 この法律では、2011年に発生した東日本大震災を契機としてエネルギーの需要が変化し、国民のエネルギー利用や地球温暖化問題に関する意識が高まっている中、低炭素・循環型社会の構築を図り、持続可能で活力ある国土づくりを推進することを目的としています。(国交省HP参照) 従来の次世代省エネ基準では建物の断熱性能本位だったものに対し、低炭素建物では1次消費エネルギー量本位に転換させた新基準となっています。評価機関から技術的審査の適合を受けた後に、所管行政庁に申請します。
対象は用途地域の定められた市街化地域等に限定されています。
長期優良住宅と違い、床面積による制限はありません。

低炭素建物認定には下記の3点を満たす必要があります。

  • ・ 省エネ新基準による外皮の熱性能を満たす事。
  • ・ 一次エネルギー消費量を省エネ新基準の-10%以上削減する事。
  • ・ 住宅の低炭素化のため下記の8項目の内、2項目の措置が講じられている事。
  • ①節水に役立つ設備機器を採用。
  • ②雨水、井戸水、雑排水を利用する設備を設置。
  • ③HEMSやBEMS(非住宅建物の場合)を採用。
  • ④定置型の蓄電池を設置。
  • ⑤ヒートアイランド対策。
  • ⑥住宅品質確保促進法に基づく劣化軽減措置。
  • ⑦木造住宅であること。
  • ⑧高炉セメントまたはフライアッシュセメントを構造耐力上主要な部分に採用。

~メリット~

  • ・ 住宅ローン減税制度の控除対象者借入限度額の引き上げ
      (平成24年度3000万円⇒4000万円、平成25年度2000万円⇒3000万円)
  • ・ 所有権保存登記(一般住宅0.15%⇒0.1%)、所有権転移登記(0.3%⇒0.1%)に係る軽減税率(登録免許税)
  • ・ 「公的な認定」(お墨付き)

サービスの流れ

サービスの流れ

必要書類

お客様に最初にご用意頂きたい資料は、以下の通りです。

図面 配置図 / 敷地求積図 / 建物求積図 / 内外部仕様仕上表 / 各階平面図 / 立面図 / 矩計図 /構造図
書類 確認申請書2面~5面 / ※1 (技術的審査依頼書・委任状) / ※2(仕様確認シート)

※1…性能評価申請書、委任状につきましては申請先の評価機関のホームページにて入手してください。
※2…確認シートにつきましては、こちらのダウンロードコーナーにて入手してください。

ページの先頭へ

所要日数

  • ①図書が揃ってから約5~10日間で評価機関へ申請
  • ②質疑等も含め低炭素認定適合証が交付され、お客様に届くまで約3週間

 以上の流れで通常約4週間程、期間を頂いております。
(但し内容によっては多少の日数のずれがございますのでご相談ください。)

※認定申請先である所管行政庁によっては、別途で書類が必要になる場合がございます。

ページの先頭へ

お問い合わせ

設計性能評価との併願や木造2階建て以外の場合など、不明な点等ございましたら下記までお問い合わせ下さい。

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目4番地 セタニビル9階/TEL:03-3230-1215
 株式会社イエタス 低炭素住宅担当宛

ページの先頭へ

関連キーワード

関連キーワード

低炭素住宅 / 1次消費エネルギー / 省エネ新基準 / 外皮性能 / U値計算 / 熱貫流率 / トップランナー / 節水対策 / エネルギーマネジメント / ヒートアイランド対策 / 躯体の低炭素化 / CASBEE / 算定用WEBプログラム

  • 非住宅申請
  • 省エネ届出
  • 省エネ措置の届出図書作成
  • Staff blog イエタススタッフがご紹介するオススメ情報
  • よくある質問
  • 協力事務所募集