地震保険に必要な耐震等級の証明など
住宅性能評価の申請をサポート

トップページ 申請サポート 住宅性能評価

住宅性能評価

住宅性能評価

住宅性能評価に関するご相談から申請図書の作成、評価機関との質疑応答含め 「設計性能評価書」の交付及び建設性能評価の申請までをトータルでサポート致します。サポート実績年間2400棟のノウハウと、確かな技術力で皆様の取組みをご支援致します。

住宅性能表示とは

今まで、住宅の持つ性能を評価する基準はバラバラでした。 これでは住宅の性能を同じ基準で客観的に評価することができません。 住宅性能表示制度はこうした背景から、平成12年4月1日に施行された品確法に基づき、住宅の性能を客観的に評価する為に作られました。 その性能評価は、国が定めた第三者機関が、お客様の住まいづくりを客観的なものさしでしっかりと検査します。

コラム:住宅性能評価と住宅性能表示


住宅性能評価基準は10項目からなっており、以下の各項目を評価します。
1.構造の安定 2.火災時の安全 3.劣化の軽減 4.維持管理への配慮 5.温熱環境
6.空気環境 7.光・視環境 8.音環境 9.高齢者への配慮 10.防犯に関すること

■住宅性能評価の申請をすると下記のようなメリットがあります。

サービスの流れ

サービスの流れ
  1. 申請図書の用意(ビルダー様)
  2. 住宅性能表示制度に必要な申請図書と耐震等級の確認(イエタス)
  3. 住宅性能評価申請図書の作成・申請(イエタス)
  4. 申請受付(住宅性能評価機関)
  5. 質疑提示(住宅性能評価機関)
  6. 質疑回答(イエタス)※ビルダー様にも内容確認
  7. 設計評価書の交付(住宅性能評価機関)
  8. 設計評価書受取(ビルダー様)
  9. 建設申請図書の作成・申請(イエタス)
  10. 申請受付(住宅性能評価機関)
  11. 検査日程の確認(住宅性能評価機関)
  12. 着工(ビルダー様)※4回の検査
  13. 施行関連図書の取りまとめ(住宅性能評価機関)
  14. 建設評価書の交付(住宅性能評価機関)
  15. 検査評価書受取(ビルダー様)

ページの先頭へ

必要書類

お客様に最初にご用意頂きたい資料は、以下の通りです。

図面 配置図 / 敷地求積図 / 建物求積図 / 内外部仕様仕上表 / 各階平面図 / 立面図 / 矩計図 /構造図
書類 確認申請書2~5面/※1(設計性能評価申請書・委任状)/※2( 等級確認シート・構造確認シート・仕様確認シート)

※1…性能評価申請書、委任状につきましては申請先の評価機関のホームページにて入手してください。
※2…各種確認シートにつきましては、こちらのダウンロードコーナーにて入手してください。

ページの先頭へ

所要日数

例)木造2階建ての場合

  • ①図書が揃ってから約5~10日間で評価機関へ申請
  • ②質疑等も含め設計住宅性能評価書が交付され、お客様に届くまで約2週間

以上の流れで通常約4週間程期間を頂いております。
 (但し内容によっては多少の日数のずれがございますのでご相談ください。)

※建設住宅性能評価申請がある場合:
申請してから約5日後に、建設評価員から貴社の設計担当者様へ検査日等について確認のご連絡をさせて頂きます。

ページの先頭へ

お問い合わせ

住宅性能評価申請や耐震等級(地震保険)に関するご質問は下記までお問い合わせください。

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目4番地 セタニビル9階/TEL:03-3230-1215
 株式会社イエタス 住宅性能評価担当宛

ページの先頭へ

品確法について

品確法とは正式には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」といい、消費者が安心して良質な住宅作りを実現する事を目的としています。
①住宅性能表示制度 ②瑕疵担保責任の特例 ③紛争処理制度の整備 の3つの大きな柱があります。

住宅性能表示制度

この制度は、法律に基づく仕組みですが、義務付けられるものではありません。 この制度の目的は、新築住宅の基本的な性能を具体的に示す住宅の共通ルールを規定して、第三者機関がそれを評価するのです。

瑕疵担保責任の特例

これまでの瑕疵担保期間は請負の場合で(木造)住宅の引渡し後2年程度でした。
今回の品確法により、新築住宅の請負契約又は売買契約において、特に重要な部分であり、しかも外部からは瑕疵の判断が難しい基本構造部分(構造耐力上、主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分)の瑕疵担保責任を10年間義務付ける、それによって消費者の住宅取得後の暮らしの安全を図るものとしました。
※瑕疵とは・・・ 「瑕疵」とは、引き渡す新築住宅の品質・性能として、当初約束されていたものと異なることをいいます。例えば雨漏りや壁に大きな亀裂が入った場合には、この「瑕疵」に該当します。

住宅に係る紛争処理体制の整備

住宅性能表示制度を活用して、「建設」住宅性能評価書の交付をうけた住宅に係るトラブルを迅速かつ、低料金で紛争処理をすることを目的として指定住宅紛争処理機関が整備されました。

関連キーワード

関連キーワード

設計性能評価 / 建設性能評価 / 新築 / 戸建て / 木造3階建て / 2×4 / 在来軸組 / スキップフロア / 共同住宅 / 長屋 / 木の家 / 型式認定 / テラスハウス / 性能表示 / 評価書 / 耐震等級 / 耐風等級 / 評価機関 / 施工状況報告書 / 所管行政庁 / 住宅履歴管理

  • 非住宅申請
  • 省エネ届出
  • 省エネ措置の届出図書作成
  • Staff blog イエタススタッフがご紹介するオススメ情報
  • よくある質問
  • 協力事務所募集