住宅性能評価、長期優良住宅など住宅に関する申請代行を行っています。

トップページ スタッフブログ

staff blog

令和の住生活基本法決定

2021.03.31  nishiyama
 

イエタス西山です。

令和3年3月19日に閣議決定されました、住生活基本法のポイントをお知らせします。

【ポイント】
①新たな日常における環境変化対策と災害強化
②2050年カーボンニュートラルの実現

具体的には、
コロナ禍対策、子育て住居(断熱性、遮音性向上)、設計業務などのAI化、
ZEH標準化の加速、長期優良住宅の更なる普及、ストック住宅対策
など大きく8項目の成果目標を定量化。
この方針のもと向こう10年間実施され、5年毎に見直しがかけられます。

4月から省エネ説明義務化がはじまりますが、
一方で2025年には省エネ適合義務化の動きが出て来ております。
今の省エネ基準だけ見ても、今後大きく変化してくると予想されます。
どの様に考え行動していけばいいのか?
今から向こう3年から5年先を見据えた住宅施策を、
各会社で行っていく際に地図になるのが住生活基本法です。
    詳しくはこちら

詳しい解説をご希望の方は、お気軽に西山までお声がけください。  

 
ページの先頭へ
 
 
バックナンバー