住宅性能評価、長期優良住宅など住宅に関する申請代行を行っています。

トップページ スタッフブログ

staff blog

安田常務のプランニング講座~第8回~

2014.01.14  yasuda
 

あけましておめでとうございます。安田です。
昨年に引き続き、住宅のプランニングについて
説明して参りますので
どうぞ宜しくお願い致します。

今回からテーマはLDKとなります。

まずはリビングとダイニング、キッチンの関係について
リビング(L)、ダイニング(D)、キッチン(K)の関係について考えてみます。
生活の仕方、使い方、広さによりそのつながりのパターンがあるので
それを理解して計画を進める必要があります。

【LDKの構成について】

各部屋の関係性によって下記の5種類の構成に分けられます。

1.(L-D-K)・・・各々が独立タイプ
2.(LD-K)・・・キッチンのみを独立させたタイプ
3.(L-DK)・・・ダイニングキッチンタイプ
4.(LDK)・・・ワンルームとしたタイプ
5.(LDKアイランドキッチン)・・・オープンキッチンとしたタイプ

※「-」は間仕切りを示しています。

今回は(L-D-K)タイプについてご説明します。

 
 
 
 

1.(L-D-K)・・・リビング、ダイニング、キッチンを各々独立させたタイプ

LDK色つき①-2AA

《L-D-Kの特徴》
・各々、部屋の用途に合った設計ができます。
・建具で仕切ることにより、パブリックとプライベートの使い分けが可能です。
・各部屋共に独立して目的に合った面積が必要となり、かなりのスペースを要します。
・対面式キッチン等の工夫により、主婦が調理しながら一家団らんに加わったり、
家族での調理、後片付け等の作業もし易いですね。

 

次回は2.(LD-K)・・・キッチンのみを独立させたタイプ についてご説明します。

 
ページの先頭へ
 
 
バックナンバー